company

大村製氷株式会社は昭和29年、長崎県大村市に豊かな食生活の一助となるべく、製氷業を開始いたしました。

昭和53年に袋詰め砕氷(かちわり)の製造を開始し、昭和54年には花氷の研究開発、試作に取り組み、画期的な製法で小型花氷の製造に成功致しました。この花氷はNHKテレビでも取りあげられ、 全国的に放映されました。昭和58年には全国販売を開始いたしました。昭和63年に花氷の宅配便を開始し、民放テレビ各社にて紹介されました。

平成3年11月に大自然に囲まれた山間の地に新工場を建設し、「山の上の氷屋さん」として多良岳の良質の伏流水を使用して、清澄な環境の下に清潔な設備でおいしい氷を製造しております。

最近では生花を使った花氷や本物の雪だるまを入れた花氷の開発に成功し販売を始めました。

事業概要

会社商号
大村製氷株式会社
代表者
代表取締役 村山正男
創業
昭和29年8月
資本金
1000万円
所在地
長崎県大村市東大村2丁目1806-28 Tel 0957-52-2279 Fax 0957-54-7666
商品構成
食用氷 角氷、かちわり、チップアイス、プレートアイス、特殊氷 花氷各種

会社の沿革

昭和29年8月
辛島辰雄が長崎県大村市にて製氷業を創業
昭和31年3月
資本金30万円にて大村製氷株式会社を設立
昭和34年
冷蔵業を開始
昭和41年
資本金120万円に増資 冷蔵部門の充実を図る
昭和53年7月
袋詰め砕氷(かちわり)の製造開始
昭和54年
花氷の研究、思索
昭和58年4月
全国氷研会(13社)を結成し、情報交換および販路拡大を図る、花氷(クリスタルエレガンス)の全国販売を開始
昭和63年6月
ヤマト運輸(クール宅急便)にて花氷の全国販売を開始 NHK、NBC、KTN各テレビにて紹介さる
平成3年11月
大村市東大村に新工場を落成 長崎市、佐世保市へ販売開始
平成4年
ハウステンボスの開業に伴い食用氷の供給開始
平成5年6~8月
NHK、NBC、KTNテレビにて紹介される
平成6年8月
NHKテレビにて全国放送で紹介される
平成7年11月
資本金を1000万円に増資
平成14年10月
本物の雪だるまを氷に閉じ込めた花氷を開発し、販売を開始する
平成15年6月
計量、包装ラインの自動化 衛生設備の充実
平成18年
生花を使った花氷の製造に成功